閉じる

CIMに対応したい

3次元モデルを活用して生産性や品質向上を目指す「CIM」
建設土木業も3次元図面を活用する時代に突入しています。
その中で求められるのが「3次元モデル」の作成。
デキスパートなら従来作成しているデータを集約するだけで
3次元モデルをかんたんに作成できます。

3次元モデルを活用して
生産性や品質向上を目指す「CIM」

Point1CIMとは?

CIM(Construction Information Modeling/Management)とは、建築分野で広がっているBIMを土木分野にも広げ、調査、計画、設計、施工、維持管理の一連の過程において3次元モデルを導入することによって、建設業全体の生産性向上を図ろうとする取り組みのことです。
調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの効率化や品質向上を目指しています。

Point2CIM導入による効果は?

CIMでは3次元モデルの作成が必要となります。
3次元モデルでは、従来の2次元図面で伝わりにくかった内容を視覚的にわかりやすく表現できることが特徴です。
計画・設計段階から現場を3次元化して可視化することで、施工における事前のシミュレーションや、関係者間で共通の認識がもてるため、ミスの軽減や安全対策など的確かつ迅速な調整につながります。

Point33次元モデルの課題は?

CIMを実施するにあたって大きな課題となるのは3次元モデルの作成作業です。
従来の図面や座標などの情報を元に3次元モデルを作成しなければなりません。
3次元モデルと聞くと「3次元CAD」をイメージし、「難しすぎて使いこなせない!」と思われる方も多いのではないでしょうか?
建設システムでは、デキスパートシリーズで従来行っている施工管理データを集約するだけのかんたん操作で、CIMに必要な3次元モデルを作成することができます。

関連製品一覧へ