快測ナビ

概要

革新的なスマート施工を実現する「ICT施工現場端末アプリ」

快測ナビは、TOPCON製LN-150/LN-100(杭ナビ)などの各測量機器と連動し、従来は複数名で行っていた現場での位置出しや丁張設置、施工段階のチェックなどの作業を「ワンマン」で行うことができるICT施工現場端末アプリです。3D施工データを活用し「明日の計算が要らない」革新的なスマート施工を実現します。若手技術者から熟年技術者まで建設現場での計測作業に欠かせないアプリケーションです。

低コストで、手軽にマシンガイダンスを実現

快測ナビとTOPCON製 LN-150 / LN-100(杭ナビ)の最強コンビを軸に、タブレットや法面バケット用角度計などの手軽なアイテムを工夫して活用することで、低コストでマシンガイダンスを実現できます。
ワンマン施工が可能となるため補助員が不要となり、どのような線形でも円滑に作業を進められ、コスト削減や建設現場の安全性向上にもつながります。
普段使いの中に色々な新しい発想が生まれます!

ワンマン測量(技術者 or 作業員)を実現!
最小限の人員での作業を可能に

快測ナビとTOPCON製 LN-150 / LN-100(杭ナビ)との最強コンビで、現場の位置出しや観測作業がワンマンで可能になります。

GNSS測量機に対応

TOPCON・SOKKIAのGNSS測量機と接続し、GNSSで測位した値で、快測ナビの各機能をご利用いただけます。
RTKとネットワーク型RTKのどちらの観測方式にも対応しています。

※接続可能なGNSS機器については、プランページをご確認ください。

特許取得(特許第6224659号)

革新的なリアルタイムナビゲーション
「どこでもナビ」

3D 施工データを元に、現在位置の横断形状をリアルタイムに生成・表示します。計画データとの離れや標高差を常に表示し、施工ナビゲーションとして活用が可能です。切り出し位置のマーキング、構造物設置のガイド、施工後・据付後のチェックなど、様々な現場で活用されています。

既定断面や任意断面でも
「どこでも丁張」

事前の丁張計算は一切不要。水平離れ、観測点法長などをリアルタイムに確認しながら、丁張設置が可能です。特許を取得しています。