BIM/CIM

国土交通省で推進されているBIM/CIM活用。令和5年度から小規模を除く全ての直轄公共工事において、BIM/CIMの原則活用が開始されます。
BIM/CIMとは何か?何を行えば良いのか?など、今のうちから準備をし、施工BIMCIMを活用した工事に取り組んでみましょう。

BIM/CIMとは?

BIM/CIMとは(Building/ Construction Information Modeling,Management」の略です。
BIM/CIMの概念は大きくは以下の2つから成り立っています。

  • コンピュータ上に作成した3次元モデルに加え、そのモデルに属性情報(部材等の名称・形状・寸法・物性及び物性値・数量など)や、それらを補足する資料(参照資料)を併せ持つ構造物に関連する情報モデルBIM/CIM モデル)を構築すること。(Building/ Construction Information Modeling)
  • 構築したBIM/CIMモデルに内包される情報を管理・活用すること。(Building/ Construction Information Management)
BIM/CIMとは?

BIM/CIMの目的とリクワイヤメント(要求事項)

❶ BIM/CIMの目的

情報化施工ではTS出来形管理をはじめ、基本設計データの作成が必要不可欠です。
基本設計データの作成には、通常行う路線計算や縦断計算、横断設計などの各種計算がベースとなります。
つまり、情報化施工(TS出来形)のためだけではなく、通常の施工管理の効率化にも繋がるためのソフト選定が必要となります。

❷ リクワイヤメント(要求事項)

リクワイヤメントとは、発注者から受注者に対する「要求事項」です。
BIM/CIM活用工事を行うにあたり、「BIM/CIM モデルを活用した検討の実施」を行う必要があります。その中で具体的に実施すべき要求事項が特記仕様書などでリクワイヤメントとして提示され、それに基づいたモデリングやマネジメントを行うことでBIM/CIM活用工事で求められます。

BIM/CIMの目的とリクワイヤメント(要求事項)

BIM/CIMに対応した製品・サービス