BIM/CIM

TOPIC

最新情報


BIM/CIMは、建設事業の計画、調査、設計、施工、維持管理のライフサイクルにおいて、3Dモデルを連携させることで、建設事業に関わる関係者間の情報共有を容易にする建設生産・管理システムです。BIM/CIMは、建設事業全体のコミュニケーションシステムとして、高効率化・高度化が図られることが期待されており、国土交通省が推進している取り組みの一つです。

BIM/CIMの原則運用

国土交通省は、BIM/CIMについて、
令和5年度に小規模を除く直轄工事において原則運用するとしています。これにより、BIM/CIMの原則適用に向けて、段階的に適用が拡大されています。

BIM/CIMを活用する上では、実施方針を示した「ICTの全面的な活用の推進に関する実施方針」や、「 BIM/CIM 活用ガイドライン(案)」等の基準要領に準拠した対応が求められます。

BIM/CIM適用で行うべきことは?

リクワイヤメントとは、発注者から受注者へ示す「要求事項」を意味します。令和3年度から、リクワイヤメントは「円滑な事業執行」に限定され、発注時には実施内容に合わせて「実施⽬的」を⽰す運用となりました。⼯事におけるBIM/CIM適⽤では、令和4年度から「3次元モデル成果物作成要領」に基づく成果品がある場合、
これを⽤いた設計図書の照査、施⼯計画の検討が必須となる予定です。

工事における要求事項(リクワイヤメント)

BIM/CIM活用ガイドラインに対応したKENTEM BIM/CIMソリューション

KENTEM BIM/CIMソリューションは、土木分野の施工CIMを支援するソフトウェアです。
施工段階のあらゆるシーンで3Dモデルを活用いただけます。

工事における要求事項(リクワイヤメント)
工事における要求事項(リクワイヤメント)

統合モデル作成例

導入活用事例

BIM/CIMに対応した製品・サービス

お役立ち資料ダウンロード

令和5年度のBIM/CIM原則化に向けて、基本的な知識を押さえておきたい方向けのお役立ち資料を無料でダウンロードできます。 今すぐ無料ダウンロード