情報共有システム RevSIGN

情報共有システム RevSIGN は、機能要件[Rev.5.4]に対応しています。

帳票の対応状況によりご利用できるシステムが異なります。帳票対応一覧をご確認ください。

概要

ASPで受発注者をつなぎ、公共工事の生産性を向上

「情報共有システム RevSIGN」は、直感的な操作と安心の機能で、実績豊富なASP システムをインターネット経由で提供します。
公共工事における受注者、発注者間のさまざまなやり取りをASPシステムを通して行うことで「工事帳票の処理の迅速化」「日程調整の効率化」等を図り、移動時間・調整時を削減し、工事の生産性向上につなげます。

「工事書類に関わる業務」を効率化!

工事打合せ簿、段階確認書、履行報告書等、各発注者で必要となる書類をインターネット上で簡単に作成でき、書類の確認・決裁がスピーディに行えます。
さらに、ワークフロー機能やワンデーレスポンス機能など、多彩な機能が業務効率UPを実現します。

デキスパートと連携し、電子納品を効率化

「情報共有システム RevSIGN」で作成した書類は、「電子納品支援システム」「電子納品支援システム 営繕版」で取り込むことができます。
デキスパートをご利用いただければ、スムーズな連携で、書類作成だけでなく、電子納品までの業務効率化を実現します。

遠隔臨場 SiteLive との連携で、さらなる業務効率化

「遠隔臨場 SiteLive」で登録した検査結果を「情報共有システム RevSIGN」と連携することで、発議書類に反映できます。
「遠隔臨場 SiteLive」をご利用いただくことで、さらなる業務効率化を実現します。

様々な形式に対応した3Dビュー [Rev.5.4対応]

CADソフトをお持ちでない場合でも、情報共有システム RevSIGN上で、3次元で表示することができます。
P21、SFC、IFC、LandXML、LAS形式に対応。現場の見える化につながります。