閉じる

「明日の計算が要らない」スマート施工を実現するICT施工現場端末アプリ

快測ナビStd/Advの比較

快測ナビ(ICT施工現場端末アプリ)には、基本機能を搭載したStd(スタンダード版)とその上位版にあたるAdv(アドバンス版)があります。
「機能」「対応測量機器」「価格」について、以下の比較表でご確認ください。

機能

機能 Std Adv
測設(座標・路線・ライン・CAD)
測設(横断) ×
観測(放射・横断放射・2Dライン・レベル)
観測(3Dライン) ×
CAD図面配置
CADビュー
どこでもナビ
どこでもSurface ×
どこでも丁張 ×
快測モニター ×
TS出来形対応(どこでも出来形・計測・検査) ×
Surface出来形(TSローバー観測、検査・ノンプリスキャン) ×

対応測量機器

機能 Std Adv
TOPCON製 LN-150(Wi-Fi 通信 / Bluetooth 通信) ※1
LN-100(Wi-Fi 通信)、LN-100W(Wi-Fi 通信 / Bluetooth 通信) ※1
DS シリーズ、PS シリーズ、PS+RC-5(リモートキャッチャー)
DS-200i 、DS-200i+RC-5(リモートキャッチャー) ※2 ※2
GT、GT+RC-5(リモートキャッチャー)
ES / GM シリーズ、OS シリーズ ※3
SOKKIA製 DX シリーズ、SX シリーズ、SX+RC-PR5(リモートキャッチャー)
SRX シリーズ、SRX+RC-PR4(リモートキャッチャー)
DX-200i 、DX-200i+RC-PR5(リモートキャッチャー) ※2 ※2
iX、iX+RC-PR5(リモートキャッチャー)
CX / iM シリーズ、FX シリーズ ※3
Leica製 Leica Viva TS16、Leica Viva TS15、Leica Nova MS60 ※2・4 ※2・4・5
Nikon-Trimble製 FOCUS 35(Bluetooth 通信/ 無線機通信)

※1 LN-150,LN-100 および LN-100W ではノンプリズム計測ができないため、ノンプリスキャン機能は使用できません。
※2 測量機に搭載されているデジタルカメラの画像情報は、「快測ナビ」では使用できません。
※3 モーター非搭載のトータルステーションでは、Surface 出来形機能(TS ローバー観測、ノンプリスキャン、TS ローバー検査)は使用できません。
※4 「 快測ナビ」がLeica製トータルステーションと通信するためには、トータルステーションにGeoComロボティックライセンス(オプション)が必要です。 GeoComロボティックライセンスの有無については、
測量機メーカー様にお問い合わせください。機種名が明記されていない機器については、「快測ナビ」の無償評価版にて通信可能かどうかご確認の上、ご利用ください。マニュアル機は未対応です。
※5 Leica 製トータルステーションでは、ノンプリスキャン機能は使用できません。

価格

契約 Std Adv
1ライセンス(年間) 46,200円(税込) 99,000円(税込)

※Std 版をお持ちの方が、Adv 版に切り替える場合、「Std 版の残り契約月数× 4,400 円(税込)」が必要となります。
※本ページに記載された価格は、すべて消費税率10%の税込価格です。