プレスリリース

新製品「情報共有システム RevSIGN(レブサイン)」をリリースします

KENTEMのASPシステム「工事情報共有システム」のリニューアル製品である「情報共有システム RevSIGN(レブサイン)」を2022年11月30日(水)にリリースいたします。

新製品「情報共有システム RevSIGN」リリース

新製品「情報共有システム RevSIGN」リリース

■「情報共有システム RevSIGN」概要

「情報共有システム RevSIGN」は、工事打合せ簿・段階確認書・履行報告書等、各発注者で必要となる書類をWeb上でかんたん作成することができるASPシステムとなります。

■「情報共有システム RevSIGN」の特長

発議書類管理

直感的に、発議書類の作成・発議・決裁が行えます。

共有書類

設計図書や図面、数量計算書等の電子化したデータを登録し、関係者で共有することができます。また、発議書類管理で作成した書類や関連資料のファイル管理等にもご利用いただけます。

電子納品・完成検査対応

ASPシステムで決裁された書類を電子納品形式でダウンロードできます。また、システムで作成したフォルダ名やファイル名を保持した出力ができるので、本サービス終了時にもバックアップとして利用でき、いつでも書類を閲覧できます。(オフライン出力機能)
「情報共有システム RevSIGN」で作成した書類は、弊社の施工管理ソフトのデキスパート「電子納品支援システム」「電子納品支援システム 営繕版」で取り込むことができます。スムーズな連携で書類作成だけでなく電子納品までの業務効率化を実現します。

■リリース日

2022年11月30日(水)
※11月30日時点では「工事情報共有システム」と「情報共有システム RevSIGN」において対応している帳票が異なります。
「情報共有システム RevSIGN」が対応している帳票については、帳票対応一覧ページをご確認ください。

■「情報共有システム RevSIGN」製品情報ページ


※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。