SiteBox 配筋検査

概要

工事写真レイヤ化に対応!

「SiteBox 配筋検査」は、工事写真のレイヤ化に対応したアプリケーションです。従来の工事写真撮影では、黒板に設計情報を記入し、鉄筋種別ごとに物理的マーカーの設置が必須でした。
工事写真のレイヤ化により、撮影した写真上に電子小黒板を配置したり、仮想のマーカーを設置する「電子マーカー」等の注釈を、スマホ上で各レイヤに分けて設定し、1つのSVG形式のファイルとして保存できます。

電子マーカー機能で、従来のマーカー設置・回収作業が不要

撮影した写真上に仮想のマーカーを設置可能。また、連続マーカー機能を利用することで、1つ目の間隔を指定するだけでアプリが配置間隔を計算して自動配置します。

配筋検査用の小黒板を自動生成

事前に登録した設計情報と、現場で入力した実測値から、配筋検査専用の小黒板を自動生成し、黒板の作成時間・写真を整える時間を短縮できます。

システム連動で施工管理業務を格段に効率アップ

デキスパートのマスター登録で、現場の入力作業を最小限にします。試験結果から小黒板・電子納品情報が自動生成され、黒板の作成時間・写真を整える時間を短縮。
さらに、記録した実測値、撮影した写真をKSデータバンク(クラウドサービス)に保管できます。

※データは、KSデータバンクを経由してデキスパートと連動します。
※写真管理と出来形管理については、SiteBoxで行います。