サーバー/障害関連

「SiTECH 3D」不具合に対応しました

最終更新日:2022年2月25日 掲載日:2022年2月22日

【2022.2.25 追記】

「SiTECH 3D(Ver.10.60.00)」で発生していた不具合について、2月25日(金)に対応が完了いたしました。
本日2月25日(金)リリースの「SiTECH 3D(Ver.10.70.00)」にアップデートしていただくことで不具合が解消されます。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。


2022年2月22日リリース版の「SiTECH 3D」(Ver.10.60.00)におきまして、不具合が発見されました。
これに伴い、自動アップデート、マイページからのソフトダウンロードを「SiTECH 3D」(Ver.10.50.00)へ差し替えております。
多大なるご迷惑をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げます。
対処方法につきましては、原因が判明次第、再度ご連絡させていただきます。
ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

■不具合内容

ベース図配置した状態で、横断設定の編集から開始点を手前側に変更し、測点選択で追加測点を選択する。
この状態で、快測ナビデータパッケージや基本設計XMLなど路線データ出力を行うと、当該横断セットにおいて構築形状が表示されないためデータ出力ができなくなる。

■今後の対応について

現在、不具合の解消に向けて早急に対応中です。
対応時期等、詳細については分かり次第ホームページなどでご案内いたします。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。


※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。