閉じる

導入活用事例を見る3次元データ対応i-Construction対応製品

SiTE-Scope3の魅力
点群編集で不要な点群を除去

UAV やレーザースキャナーなどによる3 次元測量によって得られた点群データから、不要な点群を除去し、実際に利用できる3 次元点群データを生成できます。

SiTE-Scope3の魅力
3次元の土量集計をヒートマップ表示でわかりやすく

間引きされた3次元点群データ(現況)と3次元設計データからTIN法、点高法により土量集計を行えます。
土量の差はヒートマップ表示でわかりやすく表現できます。

SiTE-Scope3の魅力
i-Constructionの出来形集計に対応

i-Constructionに対応した形で数量算出を行った計算結果を元に、出来形帳票で利用するヒートマップ表示データを作成できます。作成したデータをデキスパートに取り込めば、3次元データを納品できます。



不明点は専門スタッフが親切丁寧に対応

操作についてわからない点はフリーダイヤル回線で、
専門スタッフが対応します。
充実のサポートで、導入後も安心です。

SiTE-Scope保守会員サービス(有償)について詳しくはこちら