閉じる

情報共有システムに対応したい

国土交通省は、従来多くの時間と資源を使っていた土木工事の受発注者間のやり取りや工事書類の
作成を簡潔化し、生産性の向上を推進することを目的に情報共有システムを施行しています。
工事単位だけでなく事業全体を円滑化することも期待されており、
国土交通省だけでなく、自治体発注工事でも情報共有システムの活用が広がってきています。

WEBシステムで生産性を向上!
情報共有システムを解説!

Point1情報共有システムとは?

「情報共有システム」は、​公共工事における受注者、発注者間の​やり取りや工事書類の作成をWEBを通して​行うシステムです。

「工事帳票の処理の迅速化」、​「日程調整の効率化」、「受発注者間のコミュニケーションの円滑化」等を図り、​工事の生産性向上につなげるものです。
国土交通省所管の土木工事においては、全国的に積極的に導入を推進しています。

Point2従来の受発注者間のやり取りとの違い

従来の受発注者間のやり取りでは、資料を提出する移動時間が必要、修正依頼のやり取りの調整が難しい、大量の書類や資料の整理に時間を要する等の問題点がありました。

工事情報共有システムを導入するとパソコンからボタン一つで書類を提出することができ、訂正依頼もメールで送られてくるため、移動時間・調整時間の削減に繋がります。

Point3情報共有システム導入のメリット

  • 1.WEB上で書類の発議・回覧・決済が行える

    WEB上で書類のやり取りが行えるため、移動時間、印刷物の削減につながります。ワークフローでは、”書類がどこで止まっているか”といった申請状況を確認できます。

    WEB上での書類のやりとり、ワークフロー

  • 2.図面などの大容量のファイルを共有できる

    多くの自治体が、メールでの送信容量制限がある中で、情報共有システムではASPサーバー上に大容量のファイルを共有できるので、スムーズにデータのやり取りができます。

    図面などの大容量ファイルの共有

  • 3.検査準備作業の軽減

    工事打合せ簿、業務用打合せ簿、段階確認願、履行報告書、立合・確認願等がWEB上で、かんたんに作成でき、検査準備作業を軽減します。
    ※「工事情報共有システム」の帳票対応済みの自治体は帳票対応一覧をご覧ください。

    検査準備作業の軽減

  • 4.工事帳票の電子納品にも対応

    ASPシステムで決済された書類を電子納品形式でダウンロードできます。また、ASPをシステムごとパソコンにダウンロードすることも可能です。

    工事帳票の電子納品に対応

工事情報共有システム 製品ページへ