閉じる

「A納図[A-NOTE]+現場大将」 知っておくと便利な機能10選

A納図を使用した座標指示での縮尺合わせ、図面上からの座標登録、現場大将パーツ取り込みや現場大将を使用したプラス杭(任意点)・左右幅員の登録などに関する知っておくと便利な機能を、コンタクトセンターによくある問い合わせを交えて解説します。

講座テキスト&サンプルデータをダウンロードできます。

サンプルデータ ダウンロード

1.縮尺合わせ[座標指示]・CAD図面上から座標を登録・図面の保存(名前を付けて保存)

2.A納図から現場大将を起動・平面線形・プラス杭(任意点)・左右幅員(一括設定)・方向杭(一括設定)

3.逆幅杭・現場大将パーツ取り込み1・放射逆計(逆計算)・現場大将パーツ取り込み2・測点名変換

※セミナー動画は各ソフトウェアの最新バージョンの操作方法と異なる説明がございます。予めご了承ください。

掲載日:2020年02月26日

アンケートにご協力ください。このQ&Aはお役に立ちましたか?

  • 役に立った
  • 役に立たなかった
ご協力ありがとうございました。

※アンケートへの個別の回答は行っておりません。あらかじめご了承ください。

送信

ご協力ありがとうございました。


Q&Aトップへ戻る

解決しない時は