閉じる

情報化施工(TS出来形)サポートツールのバージョンアップ情報

・「SiTE-Scope」の出来形管理に対応したデータの出力に対応

・3Dビュー画面のファイルメニュー[ファイル]から[三角網出力]→[LandXML形式(SiTE-Scope)]をクリック。

・「快測ナビ Adv」の「どこでもSurface」に使用するデータを出力できるように対応

kss形式のファイルを出力できるようになります。

・3Dビュー画面のファイルメニュー[ファイル]から[快測ナビ出力]をクリック。

・実測データ入りXMLを取り込んで構築形状名を修正した場合、他路線の実測データの構築形状名が変わってしまう現象を修正

最新バージョン
5.04.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください