閉じる

SiTE-Scopeのバージョンアップ情報

・新製品 INNOSiTEシリーズ「SiTE-Scope 2017」リリース

■新製品「SiTE-Scope 2017」

【概要】
国土交通省が2016年度より導入すると表明した、新たな建設生産システム i-Construction。
「SiTE-Scope 2017」は、施工管理システム導入実績No.1の建設システムから登場する、i-Constructionへの対応を強力にバックアップするための新製品です。

【特徴】
・現況横断線を抽出
フィルタリング後の3 次元点群データ(現況) と「SiTECH 3D」や「現場大将」で作成した中心線形データから現況の横断線を抽出できます。

・3 次元の土量集計
間引きされた3 次元点群データ(現況)と3次元設計データからTIN法、点高法により土量集計し、土量の差をヒートマップ表示できます。

・ヒートマップ表示
設計面と出来形計測した実測面との対比をヒートマップ表示。レイヤー切り替えで出来高を表示できるので、検査時に役立ちます。

詳細につきましては、製品情報をご確認ください。
「SiTE-Scope 2017」製品情報

最新バージョン
4.01.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください