閉じる

SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・区間表示機能を追加

※SiTECH 3D Studioに搭載されている機能と同様です。

・基本設計XML出力などで、「横断セット名を路線名と出力する」の初期値をONに変更

・TS出来形設定の表示文字列を、「3D施工データ」から「3D施工データ(快測ナビデータパッケージ用)」に変更

・快測ナビデータパッケージ出力時の3Dビュー表示選択を、通常の3Dビューとは別に表示選択できるように対応

・他測点から複写した際に、カレント構築形状にデータがなくても、複写対象の構築形状にデータがある場合は複写できるように対応

・横断種別の「路肩」の分類(基本設計XML出力)の初期値を、「その他」から「道路面」に変更

・快測ナビデータパッケージ出力に内包される図面も、参照図面の保存設定を反映できるように対応

・平面の半自動抽出/平面線形で、計算開始点の更新処理方法の改良に対応

・卵型クロソイドの計算(要素法)が、正常に行われない場合がある現象を修正

・「平面センターとの交点を計算して出力する」をチェックした状態で横断SIMA出力すると、強制終了してしまう場合がある現象を修正

・快測ナビデータパッケージ出力の平面図で、同名の図面ファイルを参照図面に取り込んでいると、出力エラーになってしまう場合がある現象を修正

・平面データに複数の縦断データがある場合、路線複写すると「引数が正しくありません」のエラーが表示される場合がある現象を修正

・特定の条件で、カレント縦断データと異なる縦断データを出力対象にして、LandXML出力すると落ちる場合がある現象を修正

・横断SIMA出力で、1点目が水平長0.000の横断形状が書き込まれない場合がある現象を修正

最新バージョン
8.40.00
最新リリース日
2020.04.15

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください