閉じる

SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・参照図面で要素レイヤを非表示にした場合、プレビューに配置したベース図でも非表示になるように対応

・横断プレビューで[表示:ベース図表示]をクリック。

・他測点から複写画面等のプレビュー上で、計測・ベース図表示ができるように対応

他測点から複写画面等のプレビュー上で、計測(2点間距離、面積)やベース図表示ができるようになります。

・[横断]タブの[形状複写]→[他測点から複写]をクリック。
・[横断]タブの[形状複写]→[一括複写]をクリック。
・[横断]タブの[形状複写]→[離れ・比高一括設定]をクリック。

・形状複写の複写対象の計画層を全構築形状選択できるように対応

・[横断]タブの[形状複写]→[他測点から複写]→[複写対象の計画層]をクリック。
・[横断]タブの[形状複写]→[前後の測点から断面補間]をクリック。
・[横断]タブの[形状複写]→[一括複写]→[複写対象の計画層]をクリック。

・横断データ入力で、離れ・比高のオフセット編集を横断プレビューからもできるように対応

・[横断]タブで[編集]をクリック。

・離れ・比高一括設定のオフセット編集をプレビュー上で行うように変更

・[横断]タブの[形状複写]→[離れ・比高一括設定]をクリック。

・3Dビューに「再構築(キャッシュ削除)」機能を追加

3Dビュー画面の[再構築]横の▼をクリックし→[再構築(キャッシュ削除)]をクリック。

・ファイル出力の基本設計XML等で、出力対象の横断現況層について初期状態ではチェックを付けないように変更

・[アプリケーションメニュー]→[ファイル出力]→[基本設計XML]をクリック。

・形状複写の複写対象の計画層画面など、画面サイズを調整できるように対応

・[横断]タブ→[形状複写]→[他測点から複写]をクリック。
・[横断]タブ→[形状複写]→[前後の測点から断面補間]をクリック。
・[横断]タブ→[形状複写]→[一括複写]をクリック。
・[横断]タブ→[形状複写]→[離れ・比高一括設定]をクリック。

・縦断の[勾配][拡幅]コマンドで、任意点指定の「自動・左・右」項目を削除

・[横断]タブ→[勾配]または[拡幅]をクリック。

・TS出来形設定の厚さの平面位置の判定方法を改良

・横断設定の編集で工事区間を絞り込むと、断面が消える場合のある現象を修正

・計画伸縮(Surface一括)を行うと、同名の測点が作成される場合がある現象を修正

・レイヤ分割表示で、レイヤの表示のON/OFFが切り替えられない図面がある現象を修正

・横断構成点確認で作図した塗りハッチングが存在すると、PDF保存時にエラーが発生する場合がある現象を修正

・横断構成点確認で、横断方向線が線形に直交しない場合がある現象を修正

・横断セット名がほかの平面線形名称と重複している場合、同名の路線名が出力されてしまい不正なXMLとなる場合がある現象を修正

・計画追尾で断面形状のセンター位置を指示した後に「Back」で再度別の位置に指示し直しても、センター位置が先に指示した箇所から変わらない場合がある現象を修正

・実測値入りのTSXMLを開き、横断セットを追加作成して再度XML出力すると、横断セットの路線名と実測の路線名が一致せず不正なXMLになる場合がある現象を修正

最新バージョン
8.20.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください