閉じる

SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・縦断拡幅量(右)のデータが、初期化(0.0)されてしまう場合がある現象を修正

・構築形状の計画層の編集画面で、名称を編集せずにOKした場合に、同名の名称が存在すると警告表示しないように変更

・平面・縦断・横断のデータ入力画面で、グリッドの下からドラッグで複数行選択した場合にも削除ができるように対応

・横断の先頭測点や最終測点を選択している場合に、「前後の測点から断面補間」コマンドを無効にするように対応

・全自動抽出機能が動作しない現象を修正

・設定した重複許可量を超えた線形データで計算を実行した場合に、重複許可量のチェックが正常に動作しない現象を修正

・基本設計XML出力で「全ての横断面を出力する」のチェックを外したにもかかわらず、断面が出力されてしまう現象を修正

・形状作図で、新規に追加したレイヤを削除できない現象を修正

・現地盤を「形状複写」の「前測点から全複写」すると、1行目の現地盤高(標高)が「0.000」になってしまう現象を修正

・断面変化点作成で最後に端部を平面図上から調整する際に、存在しない構成点が表示されてしまう場合がある現象を修正

・計画と現況の交点が計画の構成点と一致する場合に、3Dビューの一部が正常に表示されない現象を修正

・現況断面タブに入力してあるデータで、現況断面を選択した状態で横断の「一括複写」を行うと「SiTECH 3D」が強制終了してしまう現象を修正

・【SiTECH 3D Studio】表示方法に「OPENGL ES2」を指定している場合に、3Dが正常に描画できない場合がある現象を修正

・【SiTECH 3D Studio】Google Earth出力で選択しているワークスペース以外のデータも出力されてしまう現象を修正

・【SiTECH 3D Studio】横断種別コマンドを起動する際の、カレント横断セットの横断属性数よりも多い横断属性数のデータに変更すると「引数が正しくありません」とメッセージが表示されてしまう現象を修正

・【SiTECH 3D Studio】ヘルプからリモートサポート(TeamViewer)を起動できない現象を修正

最新バージョン
8.20.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください