閉じる

SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・現状地形(TIN)に合わせて、3次元設計データを伸縮できるように対応

i-Construction対応機能です。

・ファイルメニューの[追加読み込み]から起工測量サーフェスデータ(LandXML)を開き、[表示選択]で「Surface」を選択。
・「横断」タブの[計画伸縮(Surface)]から[計画伸縮(Surface)]または[計画伸縮-範囲(Surface)]をクリック。

・横断構成点の確認時に、平面図と3Dデータを重ね合わせた状態を参照図面として保存できるように対応

・横断構成点の確認終了後に表示される保存メッセージで[はい]をクリック。または[図面:保存]をクリック。

・3Dビューで表示している属性の状態で、LandXMLのSurfaceで出力できるように対応

・画面左上のメニューボタンをクリックし、[ファイル出力]→[LandXML]をクリック。

・「快測ナビ Adv」の「どこでもSurface」に使用するデータを出力できるように対応

kss形式のファイルを出力できるようになります。
※「SiTECH 3D Studio」からも出力できます。

●SiTECH 3D
・3D画面の[ファイル出力]→ [快測ナビ出力]をクリック。

●SiTECH 3D Studio
・画面左上のメニューボタンをクリックし、[快測ナビ出力]をクリック。

・参照図面の「ガイド線/勾配」にテキスト情報を取得できるスポイト機能を追加

・横断の形状編集で「任意点指定」・「構成点編集(挿入)」をした構成点の属性が、常に「道路面」に設定されてしまう現象を修正

・TSXデータで横断測点に離れや比高が設定されている場合、 2.5D配置(一括)を行なうと離れや比高が考慮されずに配置されてしまう現象を修正

・TS出来形設定を正常に開けない場合がある現象を修正

・【SiTECH 3D Studio】LAS形式の点群データを取り込めるように対応

最新バージョン
8.40.00
最新リリース日
2020.04.15

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください