閉じる

施工Revoのバージョンアップ情報

・2点間距離の計測機能を追加

2点間距離の計測ができるようになります。
また、仮想中点も使用できるようになります。

・[ホーム]タブ→[計測]→[2点計測]をクリック。

・範囲計測機能を追加

指定した座標から範囲を計測できるようになります。

・[ホーム]タブ→[計測]→[範囲計測]をクリック。

・座標計測機能を追加

指定した座標を計測できるようになります。
また、XYH座標入力へ登録することもできます。

・[ホーム]タブ→[計測]→[座標計測]をクリック。

・工程管理の計画と実施の組み合わせに対応

計画と実施の状況を確認できるようになります。

・ [ホーム]タブ→[工程管理]をクリックし、取り込むファイルを選択し、工種を選択して、プルダウンから[実施+計画]を選択。

・撤去工に対応

「工程管理システム」で撤去属性を付与した場合に、撤去日を加味して工程を表示できるようになります。

・ [ホーム]タブ→[工程管理]をクリックし、撤去属性を付与したファイルを選択し、工種を選択。

・縦型構造物の体積計算に対応

・ツリーの縦型構造物を選択し、右クリック → [数量算出]をクリック。

・LandXML形式の取り込み機能を追加

・[ホーム]タブ→[LandXML(サーフェス)]をクリック。

・取り込んだデータの保存に対応

・[ファイル]タブ→[状況保存]をクリック。

・保存したデータの取り込みに対応

・[ファイル]タブ→[状況取込]をクリック。

・設計書管理の変更履歴に対応

設計書管理で変更履歴を作成した場合に、構造物編集で変更履歴が設定できるようになります。

・A納図[A-NOTE]の[土木]→[施工Revo]→[構造物編集]をクリックし、[工種変更]をクリック。

・施工管理基準の表示に対応

設計書管理で設定した各工種の出来形管理基準、品質管理基準、写真管理基準を表示できるようになります。

・ [ホーム]タブ→[施工管理]をクリック。

・構造物断面形状の反転に対応

構造物の断面形状が反転できるようになります。

●構造物編集
・A納図[A-NOTE]の[土木]タブ→[施工Revo]→[構造物編集]をクリックし、プロパティボックスの[断面編集]をクリック。

●横型構造物作成
・A納図[A-NOTE]の[土木]タブ→[施工Revo]→[横型構造物作成]をクリックし、横型構造物を作成。

・図面上に表示した構造物の構造物名表示に対応

図面上に表示した構造物にマウスカーソルを重ねた際に表示されるポップアップ内に、構造物名が表示されるようになります。

・A納図[A-NOTE]の[土木]→[施工Revo]→[構造物編集][構造物移動][構造物複写][構造物回転][構造物一括削除]のいずれかをクリック。

・端点スナップ機能を追加

「端点」「中点」「線上点」の3つのスナップ機能が使用できるようになります。

[端点][中点][線上点]をクリック。

・ワイヤー・面などの表示データをデータごとに保持できるように対応

・拡大・縮小をスムーズに行えるように対応

・スケッチアップで取り込んだパーツの連続配置に対応

・横型構造物の編集で勾配を入力すると、正しくビューアに表示されない現象を修正

・縦型構造物で正しい色が表示されない現象を修正

最新バージョン
3.00.00
最新リリース日
2019.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください