閉じる

LanDeco for TSのバージョンアップ情報

・任意点設置時の操作フローを変更

器械点座標を登録する場合に、器械設置終了後に器械高を入力して座標を登録するフローに変更となります。

・Leicaの自動追尾機において、測距時に自動追尾が切れないように対応

※追尾開始などの命令は「LanDeco for TS」では制御できません。
※モーターを上下左右にコントロールする機能は未対応です。
※ 「LanDeco for TS」の「誘導旋回をあり」で使用した場合、測設点に旋回してしまうため追尾が終了されます。

・出来形観測データにおいて現場代理人のデータを削除すると、品質証明員のデータを削除できない現象を修正

・「LanDeco for TS」からの出来形観測データ出力時、構成点接続していない点で道路面や法面などの横断属性が欠落してしまう現象を修正

・出来形観測データを記録前に確認する際、管理対象を変更しても管理項目を変更できない現象を修正

・既知点設置の[後視点座標から器械高を計算]にチェックが付いている場合、基準軸設置の[3次元]でも器械高の入力ができない現象を修正

最新バージョン
2.10.1
最新リリース日
2017.06.27

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください