閉じる

快測ナビのバージョンアップ情報

・【Std版/Adv版 共通】Leica のモータードライブ機と通信できるように対応

以下の測量機器に対応します。
・Leica Viva TS16
・Leica Viva TS15
・Leica Nova MS60
※測量機に搭載されているデジタルカメラの画像情報は、「快測ナビ」では使用できません。
※GeoCom通信に対応したモータードライブ機であれば通信可能。機種名が明記されていない機器については、無償評価版にて通信可能かどうかご確認の上、ご利用ください。マニュアル機は未対応です。

●快測ナビ 動作環境
https://www.kentem.jp/requirements/ksnavi/

・【Std版/Adv版 共通】プリズム定数の入力を、ターゲット選択画面でできるように対応

※[プリズム定数]ボタンはなくなります。

・[TS設定]→[ターゲット]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】コントローラーを操作時に、低速旋回か高速旋回かを色で表示するように対応

低速旋回時はオレンジ色、高速旋回時は赤色で表示されるようになります。

・【Std版/Adv版 共通】Bluetoothの検索時に、ペア済みのデバイスを表示する設定を追加

・【Std版/Adv版 共通】LN-100 との通信時における使用メモリを削減し、端末に負担がかからないように最適化

・【Std版/Adv版 共通】1路線に2工種ある実測値入りのXMLを取り込んだ場合に、片方の工種しか観測済みと認識しない現象を修正

・【Std版/Adv版 共通】平面線形のみの路線データでも、横断放射観測(路線)を使用できるように対応

最新バージョン
4.80.00
最新リリース日
2020.04.15

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください