閉じる

快測ナビのバージョンアップ情報

・モバイル新製品 「快測ナビ Adv(アドバンス)」リリース



【概要】
『快測ナビ Adv』は、i-Constructionの面施工・面管理のチェック機能、実地検査機能を搭載したAndroidアプリです。情報化施工技術のひとつであるTSを用いた出来形管理技術にも対応しています。

【特徴】
・どこでもSurface(どこでもサーフェス)
i-Construction の3次元設計データと路線データを活用し、リアルタイムに観測位置と設計面との標高較差・水平較差・垂直較差を確認できます。ICT活用工事の実地検査にもご活用いただけます。

・TS出来形対応
「全自動」「測点自動」「横断点自動」「手動」の4つのモードを搭載し、スピーディーなTS出来形観測を実現します。

詳細につきましては、製品情報をご確認ください。
「快測ナビ Adv(アドバンス)」製品情報

・【Std版/Adv版 共通】どこでもナビで、複数の構築形状を同時に表示できるように対応

・[どこでもナビ]→[どこでもナビ]をタップし、表示されるどこでもナビ画面で[形状選択]をタップ。
※Adv版の以下の機能でも構築形状の選択ができます。

●TS出来形計測/TS出来形検査
・[観測]→[TS出来形計測]をタップし、観測モードを設定後、表示されるTS出来形計測画面で[形状選択]をタップ。
・[観測]→[TS出来形検査]をタップし、観測モードを設定後、表示されるTS出来形検査画面で[形状選択]をタップ。

●どこでも出来形
・[観測]→[どこでも出来形]をタップし、観測モードを設定後、表示されるどこでも出来形画面で[形状選択]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】設計データを確認できるように対応

選択している路線の平面線形・縦断線形・横断形状を確認することができるようになります。

[データ管理]→[設計データ確認]をタップし、[平面線形][縦断線形][横断形状]のいずれかをタップ。

最新バージョン
4.80.00
最新リリース日
2020.04.15

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください