閉じる

快測ナビのバージョンアップ情報

・どこでもナビで、現在位置と計画線までの水平・鉛直の離れを切り替えて確認できるように対応

・ホーム画面の[どこでもナビ]をタップし、[Offset]→[手前の勾配を採用]をチェック。

・CAD ViewやMAPで、円弧をきれいに表示できるように対応

※測設や観測時に背景として取り込んでいるCAD図面には適用されません。

・CAD ViewまたはMAPで、 [再構築]をタップ。

・Panasonic 5インチタフパッド[FZ-X1]の機能スイッチ(A2・A3)を測距などで使用できるように対応

※ Panasonic 5インチタフパッド[FZ-X1]は、動作保証端末です。

・ホーム画面の[設定・制限]→[タフパッド設定]をタップ。
※[タフパッド設定]は、Panasonic 5インチタフパッド[FZ-X1]をご使用の場合のみ表示されます。

・路線データの計算結果リスト画面で、ブレーキ点をわかりやすく表示

・対応測量機器を追加

TOPCON製:DS-200i、DS-200i+RC-5(リモートキャッチャー)
SOKKIA製: DX-200i、DX-200i+RC-PR5(リモートキャッチャー)
※測量機に搭載されているデジタルカメラの画像情報は、「快測ナビ Std」では使用できません。

・「2点間距離計測」「座標計測」で、CAD以外の登録点も選択できるように対応

・測設のStakeModeで、プリズムを早く動かした場合の表示を改善

・「現場データ取り込み」でファイル選択後に、ウェイトアニメーションを表示

・どこでもナビで、センターに戻る横断形状のXMLが正しく表示されない場合がある現象を修正

・どこでもナビの平面ビューで、構成点を表す赤い線が正しく表示されない場合がある現象を修正

・放射観測画面の右上にある記録点リストから記録点を削除しても、放射観測の画面上からは削除されない現象を修正

・座標リストなどの各種リストで、一番上にスクロールしてしまう場合がある現象を修正

・座標リストでサーチ文字の入力中に、下のリストをダブルタップするとアプリが強制終了する場合がある現象を修正

・SXF形式の図面データをCADビューで表示した時、座標の点データが表示されない場合がある現象を修正

・SXFファイル取り込み時、シート名に禁則文字があると座標値や距離が正しく取得できない現象を修正

・図面上にDASHEDなどの線種が含まれるSXFファイルを読み取れない場合がある現象を修正

最新バージョン
4.60.00
最新リリース日
2019.11.27

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください