閉じる

KSデータバンクのバージョンアップ情報

・プロキシ設定画面で、「システムのプロキシ設定を使用する」にチェックが入っている際に、「ユーザー名」「パスワード」を入力できるように対応

プロキシ設定画面で、「システムのプロキシ設定を使用する」を設定している際に、「ユーザー名」「パスワード」を入力できるようになります。
認証が必要となるプロキシサーバーが使用されている環境でも、KSデータバンクを使用できるようになります。

・ログイン画面の[プロキシ設定]→[システムのプロキシ設定を使用する]を選択し、「ユーザー名」「パスワード」を入力。

・ファイルの切り替え機能を追加

ファイルを選択またはプレビュー表示し、「前へ」「次へ」をクリックすることで、1つ前のファイルまたは次のファイルを選択またはプレビュー表示できるようになります。

・ファイルを選択し、[前へ]または[次へ]をクリック。

・PACファイルに従った通信に対応

インターネットオプションのLANの設定で「自動構成スクリプトを使用する」にチェックを入れてPACファイルのパスが入力されている場合、PACファイルの内容に従った通信ができるようになります。
※Windowsの仕様により、「Windows8.1」以上のみ対応

・グループ化表示した各グループの総数表示に対応

ファイル管理にてグループ化表示した各グループの総数が表示されるようになります。

・ウィンドウの最小サイズを変更

・プレビュー切り替え時にファイル選択状態を保持するように対応

・プレビュー画面終了処理の高速化に対応

・環境により、デスクトップにファイルをドロップできないパソコンへの対応

「Windows 10 May Update」 が適用されていて、タッチスクリーンが「オン」に設定されているパソコンにて、ファイルをデスクトップにドロップできるようになります。

・プレビュー画面でスクロールバーをクリックすると、プレビューが拡大されてしまう場合がある現象を修正

・【クラウドサービス管理画面】工事検索機能を追加

検索ボックスに入力したワードで工事を検索できるようになります。

・[ホーム]タブをクリックし、検索したいワードを入力→[検索]をクリック。

・【クラウドサービス管理画面】メンバー管理でのメンバー絞り込み機能を追加

メンバー管理にて、入力した名前で、メンバーを絞り込めるようになります。

・メンバー管理をクリックし、絞り込みしたいワードを入力。

・【クラウドサービス管理画面】メンバー管理画面および契約情報画面の表示高速化に対応

最新バージョン
2.44.00
最新リリース日
2019.12.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください