閉じる

現場大将のバージョンアップ情報

・横断点の端部を現況に合わせる機能を追加

横断点の端部を現況線に合わせられるようになります。

・横断丁張(計画)画面の[端部伸縮]をクリック。

・横断点と現地盤点の座標登録機能を追加

データのある測点について座標を登録できるようになります。

・横断測点一覧画面の[座標登録]→[計画登録]または[現地盤登録]をクリック。

・平面線形データを出力できるように対応

※「現場大将」で作成した平面線形データを、「SiTE-Scope」で取り込むための機能です。

・線形計算結果画面の[ファイル]→[SiTE-Scope出力]をクリック

・座標登録時に、確認画面で×ボタンをクリックしても座標が登録されてしまう現象を修正

・座標登録時に上書き確認画面が表示された場合に、「現場大将」終了時にエラーが発生する場合がある現象を修正

・勾配が変化する変化点が横断で登録されていない場合、3Dビューの路線選択画面の確認事項のメッセージが消えない場合がある現象を修正

・[A納図取込]で片側100点以上の横断を現地盤として取り込めない現象を修正

・座標展開の結線情報でトラバースのデータを選択した場合、結線情報が正常に取り込めない場合がある現象を修正

・隣り合う閉じた図形を連続でハッチングした場合に、面積が正しく算出されない現象を修正

最新バージョン
5.53.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください