閉じる

現場大将のバージョンアップ情報

・横断丁張プレビューで構成点への実測値の表示に対応

計測した構成点をピンクの○で表示します。

・横断測点一覧(平面線形と連動)画面にて、測点を選択し、[入力]をクリック。

・平面線形の逆幅杭にて、CAD図面から座標を取得できるように対応

・逆幅杭計算画面にて、対象を選択し図面をクリック。

・横断丁張にて、任意点の追加に対応

横断丁張でも任意点を作成できる機能を追加します。
任意点の追加に加え、追加時に前後の測点から横断データを複写できます。
さらに、TS出来形設定も複写できます。

・横断測点一覧画面にて、[任意点]をクリック。

・3Dビューにて任意の距離に測点を描画し、断面登録できるように対応

指定されたピッチでしか断面登録ができなかったところを、任意の距離で断面登録できる機能を追加します。

・3Dビュー画面にて、[距離指定]をクリック。

・線形データのチェックに対応

線形データを測量機へ出力したり、3Dビューにて任意断面を作成する場合に、確認事項の有無と注意書きを表示します。

以下の5つの画面に注釈と注意書きを追加


●基本設計データ出力
 ・メニューの[TS出来形]→[基本設計データ]→[出力]をクリック。


●LandXML出力
 ・メニューの[ファイル]→[LandXML出力]をクリック。


●現場大将路線データ出力
 ・メニューの[ファイル]→[現場大将路線データ出力]をクリック。


●3Dビュー
 ・[線形・丁張]タブ → 中心線形を使用した設計欄内の[3Dビュー]ボタンをクリック。


●TS出来形設定
 ・[TS出来形]タブ → [TS出来形設定]ボタンをクリック。

・各施工段階でLandXML出力に対応

完成形の設計のみを管理していましたが、施工状況を段階的に管理する機能を追加します。

・横断測点一覧画面の[構築形状設定]をクリックし、構築形状を選択して、[段階施工]をクリック。

・横断丁張プレビューの描画領域の拡大に対応

・横断測点一覧(平面線形と連動)画面にて、[プレビュー]にチェックを付ける。

・路線選択画面にて、実測値のある路線がわかるように対応

「平面線形」「縦断線形」「勾配線形」「横断丁張」「TS出来形設定」「基本設計データ出力」の各路線選択画面で、実測値のある路線をわかるように注釈と注意書きを追加します。

●平面線形
 ・主メニュー画面の[線形・丁張]タブ→[平面線形]をクリック。


●縦断線形
 ・主メニュー画面の[線形・丁張]タブ→[縦断線形]をクリック。


●勾配線形
 ・主メニュー画面の[線形・丁張]タブ→[勾配線形]をクリック。


●横断丁張
 ・主メニュー画面の[線形・丁張]タブ→[横断丁張]をクリック。


●TS出来形設定
 ・主メニュー画面の[TS出来形]タブ → [TS出来形設定]をクリック。


●基本設計データ出力
 ・メニューの[TS出来形]→[基本設計データ]→[出力]をクリック。

・勾配線形で測点の取り込みに対応

・勾配線形要素入力画面にて、[測点取込]をクリック。

・A納図[A-NOTE]の桁設定機能に対応

・役杭要素法で作成された基本設計データ(XML)で現場大将の計算ピッチ外の断面があった場合、断面が消えてしまうことがある現象を修正

・現況CLを変更しても、出力結果に反映されない現象を修正

・TS出来形設定後、構築形状を作成し、横断丁張でデータ入力・保存を行うとエラーが発生する現象を修正

・数値精度が最大の桁で拡幅・勾配簡易入力で単円のBCの追加距離が4桁の時に、任意点として追加できない距離で登録できる現象を修正

・A納図 [A-NOTE]取込にてA納図 [A-NOTE]側と現場大将側で高さが異なる場合、「現場大将で計算した高さを優先する」にチェックを入れて取り込むと形状がおかしくなる現象を修正

・現地盤のCL位置を変更しSIMA登録後、取り込み直すと現地盤の形状が変わる現象を修正

・TeamViewer(リモートサポート)起動ボタンを追加

・「よくあるQ&A」閲覧ボタンを追加

・アンチウイルスソフトによるインストール不具合に対応

最新バージョン
6.01.00
最新リリース日
2020.06.24

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください