閉じる

デキスパート基本部のバージョンアップ情報

・設計書管理ボタンの配置を変更

設計書管理ボタンが、メイン画面上に配置されます。
※新規工事画面と工事情報訂正画面からは削除されます。

・【設計書管理】設計変更と変更契約に対応

「設計変更」と「変更契約」が登録できるようになります。
登録した変更履歴で変更積算情報を取り込んだ場合、変更箇所のみ取り込みができるようになります。
また変更契約した場合は、「工程管理システム」で変更履歴を作成できるようになります。

・メイン画面の [設計書管理]→[設計変更]または[変更契約]をクリック。

・【設計書管理】出来形管理基準の編集機能を追加

設計書管理で登録した出来形管理基準を編集できるようになります。
編集した内容は、「出来形管理システム」に自動連動され、設計書管理終了時に表示されるメッセージが表示されなくなります。
また登録・編集した出来形管理基準を「施工計画書作成支援システム」の出来形管理基準にて、貼り付けができるようになります。

・メイン画面の [設計書管理]→[出来形]タブ→[編集]をクリック。

・【設計書管理】施工方法の登録機能を追加

設計書管理で、施工方法を登録できるようになります。
登録した施工方法は「施工計画書作成支援システム」の施工方法にて、貼り付けが可能です。

・メイン画面の [設計書管理]→[施工方法]タブをクリック。

・【設計書管理】施工順序の登録機能を追加

設計書管理で、施工順序を登録できるようになります。
「工程管理システム」で設計書データを取り込んだ際に、登録した施工順序で取り込まれます。
また「施工計画書作成支援システム」で登録した施工順序から施工全体フローを作成することができるようになります。

・メイン画面の [設計書管理]→[施工順序]タブをクリック。

・【設計書管理】出来形管理基準・品質管理基準・写真管理基準の照合時に、半角カタカナでも照合できるように対応

・【設計書管理】管理基準の一括照合の高速化に対応

・【設計書管理】管理基準の一括照合後に[元に戻す]を実行すると、エラーが発生する場合がある現象を修正

・【XYH座標入力】測点名を線形に従って付け直す機能を追加

測点名を「現場大将」の路線に従って付け直すことができるようになります。
※「現場大将」をお持ちの場合にご利用できる機能です。


また、測点名の取得方法を[平面モード][横断モード]から選択できるようになります。

●測点名変更
・XYH座標入力画面の[座標変換]→[測点名変更]をクリック。

●測点名取得方法
・ XYH座標入力画面の[設定]→[現場設定]をクリックし、[計算]タブをクリックして、[測点名変更]欄内の[平面モード]または[横断モード]を選択。

・【XYH座標入力】座標の種類に計測点を追加

「施工Revo」からの座標登録に対応に伴い、基準点設定に計測点が追加になります。

・XYH座標入力画面の[種類]欄の[基準点設定]をクリック。

・【XYH座標入力】座標変換の現場設定を行った場合に、内容が座標変換に反映されない現象を修正

最新バージョン
6.00.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください