閉じる

デキスパート基本部のバージョンアップ情報

・設計書管理機能を追加

積算情報を取り込み、作業の付加情報として測点や施工管理基準を関連付けることができるようになります。
ここで登録した情報をオプションソフトで利用することで、作業の効率化に繋がります。

・メイン画面の[新規工事]または[工事情報訂正]から[設計書管理]をクリック。

・[XYH座標入力] 大幅バージョンアップに伴う操作性向上と新機能追加

大幅バージョンアップに伴い、機能の操作性が向上し、新機能が追加となります。
「XYH座標入力」の新・旧バージョンの画面を比較し、変更内容をまとめた移行ガイドをご用意いたしました。ぜひご活用ください。

http://www.kentem.jp/dekisuku/info/20151008.php(リンク先:デキスクお知らせ)

●「デキスパート基本部」から起動
・[XYH座標入力]をクリック

●「A納図[A-NOTE]」から起動
・[土木]タブ→[測量ツール]→[XYH座標入力]をクリック

●「現場大将」から起動
・[座標計算]タブ→[座標入力]をクリック

・マイケンテムで、プレビュー表示するファイルサイズの任意設定に対応

マイケンテムで、プレビューを表示するファイルの最大ファイルサイズを任意で設定できるようになります。

・[メニューバー] → [設定] → [詳細設定]をクリック。

・マスタ取込みとマスタファイルコピー(LAN)で、規格値マスタに使用されている旧略図形式以外のファイルが取り込めない場合がある現象を修正

・マスタ保存とマスタファイルコピー(LAN)で、「略図ファイル」のマスタ数に旧略図形式以外のファイルが含まれていない場合がある現象を修正

・「データ共有に関する制限事項」の記載内容を修正

最新バージョン
6.00.00
最新リリース日
2019.10.29

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください