閉じる

写管屋のバージョンアップ情報

・リコー製の新型カメラアプリへの分類転送、および写真取り込み時のカメラメモ情報に従った自動振り分けに対応

リコー製の新型カメラ「G900」「G900SE」に対応した新型アプリ『DC SoftwareⅡ(LE2)』に対応します。
分類転送では、分類名が半角128文字、項目数が999項目まで転送することができるようになり、転送した分類はカメラメモモードの「MODE3」のフォーマットに対応します。
※転送した分類は「MODE1」でも使用可能です。
※新型アプリ『DC Software Ⅱ(LE2)』と旧型アプリ『DC Software(List Editor)』の両方がインストールされている場合、連携機能が正常に動作しない可能性があります。
 旧型アプリをアンインストールしてからご使用ください。

・「SiteBox トンネル」にて、引抜試験の箇所に21から30の丸付き数字を選択して撮影した写真を取り込んだ際に、括弧付き数字に変換して取り込むように対応

・基準・要領(案)を追加

詳細は、以下をご確認ください。
10月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)
デキスパート対応基準・要領(案)一覧を見る

・「徳島県 平成21年10月」のラベル印刷テンプレートで、テキストを追加すると工事番号のフォントサイズが正しく表示されない場合がある現象を修正

・任意フォルダーから写真を取り込む際に、分類情報のある写真とない写真が混在していると、振り分けが正常に行われない場合がある現象を修正

最新バージョン
7.53.00
最新リリース日
2020.02.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください