閉じる

電子納品支援システム[土木版]のバージョンアップ情報

・基準・要領(案)を追加

詳細は、以下をご確認ください。
⇒12月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

→デキスパート対応基準・要領(案)一覧を見る

・i-Constructionの各要領に対応

以下の要領に対応しました。

・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)
・無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
・TSを用いた出来形管理要領(土工編)
・RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

・ICONフォルダ内に任意フォルダを作成できるように対応

「浚渫工」や「CIM」などのフォルダを任意に作成できるようになります。
※「ツール」-「i-Construction関連要領等」メニューで未対応のICONデータの電子成果品作成に使用します。

・ICONフォルダを右クリックし、表示されるメニューから[新規フォルダ作成]をクリック。

・TS出来形の各要領に対応

※情報化施工(TS出来形)サポートツールをインストールした場合に使用可能な機能です

以下の要領に対応しました。
【国土交通省】
・TSを用いた出来形管理要領(土工編)
・TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)
・RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

【農林水産省】
・情報化施工技術の活用ガイドライン

・ブルーレイディスク(2層・3層)でも出力できるように対応

・国土交通省 平成28年3月の要領(案)で、住所コードに「99999」が入力されていると情報チェックでエラーになる現象を修正

最新バージョン
5.52.00
最新リリース日
2020.02.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください