閉じる

2018年10月23日のバージョンアップ情報

  • 施工Revo

    • バージョン:2.00.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・IFCデータの出力に対応

      IFCとA納図[A-NOTE]で作成した構造物(縦型・横型)を対象として、IFCデータが出力できるようになります。

      ・[ファイル]タブ→[外部出力]→[IFC出力]をクリック。

      ・IFCデータの取り込みに対応

      ・[ホーム]タブ→[IFC]をクリック。

      ・ツリーの表示を変更

      画面左側に表示されるツリーが、「設計書ツリー」と「データツリー」に分割されます。
      「設計書ツリー」にはデキスパート基本部の設計書管理で取り込んだ内容が表示され、「データツリー」には設計書ツリーで選択している作業に取り込んだデータが表示されます。

  • 3Dイラスト

    • バージョン:1.01.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・【3Dイラストデータ】3Dイラストデータを追加

      軽量版足場、軽量版単管バリケード、軽量版セフティーコーン、軽量版樹木、除雪機械等が追加されます。
      ※自動アップデートでは、更新できません。マイページにログインし、[個別ダウンロード]→[3Dイラスト]→[イラストデータ]よりダウンロードしてください。

  • 電子納品支援システム[土木版]

  • 写管屋

  • 出来形管理システム

  • 安全管理サイガード

    • バージョン:2.04.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・法令・基準の最新版に対応

      「法令」「基準」のマスター事例は、デキスパート保守会員様のみご利用いただけます。
      また、ご利用にはインターネット回線への接続が必要です。


      ※こちらは、10月10日のサーバーメンテナンスにてすでに対応済みです。

  • 保守サービス

  • SiteBox 出来形・品質・写真

    • バージョン:2.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・黒板の工事名を一行で表示できるように対応

      ※「電子小黒板エディター」でも同様に設定することができます。

      ・黒板の工事名欄をタップし、工事名の表示設定をタップ。

      ・【電子小黒板エディター】情報リンクに神奈川県用の項目を追加

      情報リンクに「施工状況」「天候」「LCR」の項目が追加されるようになります。
      ※「SiteBox 出来形・品質・写真」の黒板情報画面で「施工状況」「天候」「LCR」欄をタップすると、項目を選択できます。

      ・情報リンクを設定するセルを選択し、[情報リンク]をクリック。

      ・【クラウドサービス管理画面】工事情報に管理用コメント項目を追加

      クラウドサービス管理画面の工事情報に管理用コメント項目が追加されます。
      入力された管理用コメントは、SiteBoxの工事選択画面にも表示されます。


      ※クラウドサービス管理画面での入力につきましては、10月10日のサーバーメンテナンスにてすでに対応済みです。

      ・[新規工事作成]またはアクション欄の[編集]をクリック。

  • KSデータバンク

    • バージョン:2.38.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・ファイルの登録者(撮影者)の絞り込み機能を追加

      ファイルの登録者(撮影者)の絞り込み機能が追加され、すべてのユーザーやログインしているユーザー、選択したユーザーの登録(撮影)したファイルを絞り込めるようになります。

      ・[ファイル管理]→[絞り込み]をクリック。

      ・ファイルの登録者(撮影者)のグループ化に対応

      グループ化機能に[ユーザー]が追加され、ファイルの登録者(撮影者)でグループ化することができるようになります。

      ・[ファイル管理]→[グループ化]→[ユーザー]をクリック。

      ・【クラウドサービス管理画面】工事情報に管理用コメント項目を追加

      クラウドサービス管理画面の工事情報に管理用コメント項目が追加されます。
      入力された管理用コメントは、KSデータバンクの工事一覧にも表示されます。


      ※クラウドサービス管理画面での入力につきましては、10月10日のサーバーメンテナンスにてすでに対応済みです。

      ・[新規工事作成]またはアクション欄の[編集]をクリック。

      ・【クラウドサービス管理画面】受注金額および実行予算金額の入力できる最大金額を修正

      受注金額および実行予算金額が最大「9999999999999」まで入力できるようになります。


      ※こちらは、10月10日のサーバーメンテナンスにてすでに対応済みです。

  • SiTE-Scope

    • バージョン:3.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・国交省の「ICT河川浚渫工」に関する要領・基準に対応

      ・[国交省(河川浚渫工)]タブをクリック。

      ・農水省の「ICT土工」に関する要領・基準に対応

      ・[農水省(土工)]タブをクリック。

      ・「国交省(土工)」でグリッド作成機能を追加

      ・[国交省(土工)]タブ→[グリッド作成]をクリック。

      ・グリッドによる出来形評価を追加

      国交省(土工)または国交省(河川浚渫工)で出来形評価を行う際の評価方法を、今までの「実在点」に加え「グリッドデータ」から選択できるようになります。

      選択する評価方法によって、評価面積の求め方が異なります。
      ・実在点で評価した場合    :評価面積は設計面積を表示
      ・グリッドデータで評価した場合:評価面積はグリッド数×グリッド面積を表示

      ・[国交省(土工)]タブまたは[国交省(河川浚渫工)]タブをクリックし、[出来形評価]をクリック。

  • SiTECH 3D

    • バージョン:7.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・「計画追尾」「形状編集」の形状指定モードの切り替えを右クリックメニューに追加

      ・[横断]タブの[計画追尾]または[形状編集]をクリック。

      ・「計画追尾」「形状編集」で「左・右」読み込み機能を追加

      ・[横断]タブをクリックし、[計画追尾]または[形状編集]をクリック。

      ・横断構成点確認で表示される測点名などの文字サイズの調整機能を搭載

      ・[システム設定]をクリック。

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    03/19(火)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報