閉じる

2017年12月13日のバージョンアップ情報

  • デキスパート基本部

    • バージョン:5.67.00 バージョンアップ情報の詳細


      ・「CKD2」ファイルの取り込みに対応

      ・ブルーレイディスク(2層・3層)でも出力できるように対応

      ・Windows Server 2016に対応

      ・Windows Storage Server 2016に対応

  • 施工Revo

    • バージョン:1.60.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・寸法線の描画に対応

      指定した2点を計測し、寸法線を描画できるようになります。
      寸法種類(斜距離・水平距離・垂直距離)の切り替えや文字設定、線設定なども可能です。

      ・[ホーム]タブ→[計測]→[寸法線]をクリック。

      ・画像切取の出力設定を追加

      画像切取時にサイズや向き、画素数などの設定ができるようになります。

      ・[ホーム]タブ→[画像切取]をクリック。

      ・画像切取時のカメラアングル・矩形の保存に対応

      画像切取時に使用したカメラアングルと矩形を保存し、同じカメラアングルと矩形で切り取りができるようになります。

      ・[ホーム]タブ→[画像切取]をクリック。

      ・LandXMLの非表示要素の表示切替に対応

      読み込んだLandXMLの非表示要素の表示切替ができるようになります。

      ・ツリーにてLandXMLデータを右クリック→[プロパティ]をクリック。

      ・プロパティ表示に対応

      「構造物データ」「平面図」「写真データ」「範囲計測」「寸法線」「LandXMLデータ」のプロパティを表示できるようになります。
      表示したプロパティ画面では、基本情報の確認・変更や読込設定の確認・変更が可能です。
      ※確認・変更できる内容は、選択している項目によって異なります。

      ・ツリーにて「構造物データ」「平面図」「写真データ」「範囲計測」「寸法線」「LandXMLデータ」の任意の項目を右クリック→[プロパティ]をクリック。

  • A納図[A-NOTE]

  • 電子納品支援システム[土木版]

    • バージョン:5.44.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・基準・要領(案)を追加

      詳細は、以下をご確認ください。
      ⇒12月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

      →デキスパート対応基準・要領(案)一覧を見る

      ・i-Constructionの各要領に対応

      以下の要領に対応しました。

      ・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
      ・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
      ・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)
      ・無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
      ・TS(ノンプリ)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
      ・TSを用いた出来形管理要領(土工編)
      ・RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

      ・ICONフォルダ内に任意フォルダを作成できるように対応

      「浚渫工」や「CIM」などのフォルダを任意に作成できるようになります。
      ※「ツール」-「i-Construction関連要領等」メニューで未対応のICONデータの電子成果品作成に使用します。

      ・ICONフォルダを右クリックし、表示されるメニューから[新規フォルダ作成]をクリック。

      ・TS出来形の各要領に対応

      ※情報化施工(TS出来形)サポートツールをインストールした場合に使用可能な機能です

      以下の要領に対応しました。
      【国土交通省】
      ・TSを用いた出来形管理要領(土工編)
      ・TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)
      ・RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案)

      【農林水産省】
      ・情報化施工技術の活用ガイドライン

  • 写管屋

    • バージョン:7.45.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・基準・要領(案)を追加

      詳細は、以下をご確認ください。
      ⇒12月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

      →デキスパート対応基準・要領(案)一覧を見る

      ・「SiteBox」のUSBケーブル接続に対応した工事を作成できるように対応

      「SiteBox 出来形・品質・写真」のUSBケーブル接続に対応した工事を作成できるようになります。
      ※USBケーブル接続では、「SiteBox 出来形・品質・写真」で撮影した写真をクラウド上アップロードせず、直接パソコンにデータを転送します。

      ・[SiteBox]タブをクリックし、[SiteBoxケーブル接続]の[工事選択]クリック。

      ・「SiteBox」のUSBケーブル接続に対応した工事にデータを転送できるように対応

      「SiteBox 出来形・品質・写真」のUSBケーブル接続に対応した工事に、工事の分類、撮影箇所、黒板用略図を転送できるようになります。

      ・[SiteBox]タブをクリックし、[SiteBoxケーブル接続]の[転送]クリック。

      ・「SiteBox」のUSBケーブル接続に対応した工事で撮影した写真を取り込めるように対応

      「SiteBox 出来形・品質・写真」のUSBケーブル接続に対応した工事で撮影した写真をPCに取り込めるようになります。

      ・[SiteBox]タブをクリックし、[SiteBoxケーブル接続]の[取込]クリック。

  • SiteBox 出来形・品質・写真

    • バージョン:2.05.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・クラウド上へのアップロードを制限し、USBケーブル接続によるデータの転送ができるように対応

      「SiteBox 出来形・品質・写真」で、同期・アップロードを制限し、USBケーブルを接続して「写管屋」と写真等の転送ができるようになります。
      ※使用できる機能は「写真撮影」のみです。(「出来形測定」「コンクリート受入れ試験」「圧縮強度試験」の各機能は使用できません。)
      ※Android OSのみの対応となります。

      ・ログインし、USBケーブル接続に対応した工事を選択。

  • 快測ナビ

    • バージョン:3.50.00 製品情報 (Std版Adv版) バージョンアップ情報の詳細


      ・【Adv版】どこでも丁張機能を搭載

      測点を固定して、丁張杭を誘導・設置することができるようになります。

      ・[どこでもナビ]→[どこでも丁張]をタップ。

      ・【Std版/Adv版 共通】対応測量機器を追加

      以下の測量機器に対応します。
      ・TOPCON製:GM-100
      ・SOKKIA製: iM-100

      ●快測ナビ 動作環境
      https://www.kentem.jp/requirements/ksnavi/

      ・【Std版/Adv版 共通】アプリケーションの更新時に利用規約を表示するように対応

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    03/19(火)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報