閉じる

2017年11月15日のバージョンアップ情報

  • SiTECH 3D

    • バージョン:6.30.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・アプリケーションメニューに3Dビューファイル出力機能を追加

      3Dビューのツールバーに搭載されているファイル出力コマンドが、アプリケーションメニューからも起動できるようになります。

      ・[アプリケーションメニュー]→[3Dビューファイル出力]をクリック。

      ・横断プレビューに道路中心の計画高と点を描画できるように対応

      ・横断形状を作成後、プレビュー画面の[横断]タブをクリック。

      ・参照図面のレイヤ分割表示に全レイヤの表示・非表示機能を追加

      レイヤ分割表示画面で全レイヤの表示・非表示を設定できるようになります。
      また、レイヤ一覧画面にもボタンを追加し、同様の設定ができるようになります。

      ●レイヤ分割表示画面
       ・参照図面の[レイヤ分割表示]をクリックし、プレビュー上で右クリック。


      ●レイヤ一覧画面
       ・参照図面の[レイヤ分割表示]→[一覧]をクリック。

      ・【SiTECH 3D / SiTECH 3D Studio】3DモデルのTIN作成の高速化に対応

  • SiTE-Scope

    • バージョン:2.20.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・【舗装オプション】舗装出来形評価にて、最頻値の計算方法を追加

      舗装出来形評価の標高の計算方法に、最頻値が追加されます。


      ・[舗装出来形]タブ→[出来形評価]をクリック。


      ・【舗装オプション】舗装出来形評価にて、厚さ以外の評価に対応

      舗装出来形評価にて、下層点群がない状態など、厚さ以外のみの評価を行えるようになります。

      ・[舗装出来形]タブ→[出来形評価]をクリックし、下層点群選択で[厚さの評価を行わない]を選択。

      ・属性設定したLandXMLファイルの出力機能を追加

      属性設定した3次元設計データをLandXMLファイルとして出力できるようになります。
      また出力時に標高のオフセット値も設定できます。

      表示レイヤツリーにて出力対象の設計データを選択→ツリープロパティの[LandXML出力]をクリック。

      ・設計データの面の透過表示設定を追加

      設計データの面の透過率を設定できるようになります。

      ・[表示・計測]タブ→[システム設定]→[設計データ]をクリック。
      ・[土量計算]タブ→[システム設定]→[設計データ]をクリック。
      ・[土工出来形]タブ→[システム設定]→[設計データ]をクリック。
      ・[舗装出来形]タブ→[システム設定]→[設計データ]をクリック。

      ・設計面を元にした点群削除機能を追加

      設計データを元に、設計面の範囲外の点群や設計面の上または下の点群を削除できるようなります。

      ・[点群編集]タブ→[設計面]をクリック。

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    11/15(水)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報