閉じる

2017年09月07日のバージョンアップ情報

  • SiTE-Scope

    • バージョン:2.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・INNOSiTEシリーズ 新製品 「SiTE-Scope 舗装オプション」リリース



      【概要】
      昨年度に国交省より発表された、建設現場の生産性向上を目的とした「i-Construction」。
      その1つとして推進してきた「ICT土工」に加え、今年度より更なる生産性向上を目指して舗装工にICTを全面的に導入する「ICT舗装工」が発表されました。
      「SiTE-Scope 舗装オプション」は、昨年リリースされた「i-Construction」への対応を強力にバックアップする「SiTE-Scope」のオプションソフトです。
      点群データと設計データを活用した各層毎の厚さや標高較差による面管理に対応し、「ICT舗装工」における出来形管理(計算・比較)を実現します。

      【特徴】
      ・「ICT舗装工」に関する要領・基準に対応

      ・各層毎の厚さあるいは標高較差による面管理に対応

      ・「デキスパート」や「SiTECH 3D」「快測ナビ」との優れた連動性

      詳細は、製品情報をご覧ください。
      「SiTE-Scope」および「SiTE-Scope 舗装オプション」製品情報はこちら

      ・点群密度変更時の間引き方法の切り替えに対応

      点群密度変更時に、点群を間引く方法を「最下値」「最上値」「最頻値」「中央値」から選択できるようになります。

      ・[土量計算]タブ→[点群密度変更]をクリック。
      ・[土工出来形]タブ→[点群密度変更]をクリック。
      ・[舗装出来形]タブ→[点群密度変更]をクリック。

      ・[出来形評価]タブの名称を変更

      「SiTE-Scope 舗装オプション」リリースに伴い、[出来形評価]タブの名称が[土工出来形]タブに変更されます。

  • SiTECH 3D

    • バージョン:6.20.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・参照図面上の文字要素をクリックし、文字列の内容をクリップボードに設定するように対応

      ・ベース図配置時に図面から測点名を抽出する際、括弧内の測点名を取得するように対応

      ・「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)Ver1.1」片勾配すりつけの車線に対応

  • デキスパート基本部

    • バージョン:5.65.01 バージョンアップ情報の詳細


      ・「施工Revo」で、線上点スナップを有効にしてマウス操作すると、画面がフリーズする場合がある現象を修正

      ・「施工Revo」で、OpenGLの環境チェックが正常にできていない現象を修正

      ・「A納図[A-NOTE][2.5次元]」で、「計測-高さ」から三角網を読み込むと、読み込んだ三角網以外に図面から作成される三角網のラバーが表示されてしまう現象を修正

  • 出来形管理システム

    • バージョン:5.66.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・i-Construction(舗装出来形)の帳票出力に対応

      舗装出来形の出来形合否判定総括表・ヒートマップ図を印刷できるようになります。
      ※基準値・社内規格値は入力できますが、取り込んだ出来形集計データは編集できません。
      ※i-Constructionに対応した帳票出力は、「SiTE-Scope 舗装オプション」から取り込んだ工種の専用帳票です。

      ・[ファイル]→[SiTE-Scopeデータ取込]をクリック。
      ※「SiTE-Scope 舗装オプション」から出力したkspd形式のファイルを取り込みます。

  • 施工計画書作成支援システム

  • 写管屋

    • バージョン:7.44.01 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・異なるバージョンの「デキスパート基本部」で作成した工事データで、設計書データ取込するとエラーが発生する場合がある現象を修正

      ・壊れているアルバムファイルが存在した場合に、2017年6月27日リリースの「写管屋」にアップデートするとアルバムが起動できなくなる場合がある現象を修正

  • 現場大将

    • バージョン:5.45.01 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・3DビューのLandXML形式(SiTE-Scope)の出力で、工種がないデータが出力される場合がある現象を修正

      ・3DビューのLandXML形式(SiTE-Scope)の出力から正常にデータが出力できない場合がある現象を修正

      ・Windows 7 から Windows 10 にアップデートしたパソコンで、3Dビューの動作が遅い場合がある現象を修正

  • 情報化施工(TS出来形)サポートツール

    • バージョン:5.00.01 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・「出来形管理システム(Ver5.65.00)」にアップデート後1度もTS取込を行っていない場合、「TS出来形データ取込」→「ファイルを開く」画面をキャンセルで閉じると、操作不能になる場合がある現象を修正

  • 保守サービス

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    12/19(水)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報