TOP | 社員紹介 | プログラマ 本社開発室

Interview

新入社員インタビュー
本社開発室 プログラマ A.N

「お客様の声」は
私の成長に欠かせない要素

プログラマ 本社開発室 A.N
2018年入社

入社の決め手は「職場の雰囲気と環境」


建設システムの第一印象は、会社説明会で会社を訪問した時に感じた「社内の雰囲気がとても明るく、アットホームな会社」です。私が就職活動をする上で重視していたことは「職場の雰囲気や環境」だったので、社内見学中に気さくにあいさつをしてくれる社員のみなさんをみて「この会社で働きたい!」と思いました。
また、入社を決めた理由のひとつに「入社後のプログラミング研修が充実していたこと」があります。実際に先輩社員が研修担当としてついてくれるので、疑問や質問をすぐに聞ける環境は研修を受ける側からしたらとてもありがたかったです。私は学生時代からプログラミングを学んできましたが、基礎がより固まったと思っています。
研修担当の先輩には、プログラミング以外の不明点もたくさん相談させてもらえたので、社会人になって感じる不安も軽減されたと思いますね。

本社開発室 プログラマ A.N
本社開発室 プログラマ A.N

お客様を中心に考えることで深まる土木知識


現在は書類作成ソフトのプロジェクトに所属し、開発を担当しています。
私はお客様が「どのような流れで操作できたら使いやすいか」「どのような仕様にすれば負担が減るか」などの「ユーザー中心設計」を意識して開発業務に取り組んでいます。お客様を中心に考えることで、今まで全くなかった建設・土木業の知識も少しずつですが深めることができています。
また、お客様だけでなく自社のコンタクトセンターへの問い合わせも軽減できるように、操作説明の必要ない「直感的」に操作できるソフト開発も意識しています。

お客様を中心に考えることで深まる土木知識


現在は書類作成ソフトのプロジェクトに所属し、開発を担当しています。
私はお客様が「どのような流れで操作できたら使いやすいか」「どのような仕様にすれば負担が減るか」などの「ユーザー中心設計」を意識して開発業務に取り組んでいます。お客様を中心に考えることで、今まで全くなかった建設・土木業の知識も少しずつですが深めることができています。
また、お客様だけでなく自社のコンタクトセンターへの問い合わせも軽減できるように、操作説明の必要ない「直感的」に操作できるソフト開発も意識しています。
本社開発室 プログラマ A.N

他部署の方からの信頼も私の「やりがい」


コンタクトセンター(問合せ窓口)のオペレーターから、私が現在担当しているソフトの操作方法やエラーの相談を受けることがあります。プロジェクトに配属したての頃は先輩に相談しないと対応できないことがほとんどでしたが、最近はひとりで対応できることも多くなり、お客様だけでなく他部署の方から信頼されることにも「やりがい」を感じています。
また、コンタクトセンターを通してお客様が「どんな機能を必要としているのか」「こちらの想定どおりにソフトを活用しているのか」などの貴重な情報を得ることができるので、今後もコミュニケーションを大切にしてソフト開発に反映させていきたいですね。直接ではありませんが「実際のお客様の声を知ること」は開発者としてとても勉強になっていますし、私の成長に欠かせない要素のひとつです。

本社開発室 プログラマ A.N

積極的に「考働」していく姿勢を大切に


先輩方と打合せをしていると「何でも知っているなぁ」と感心することが多々あり、その都度自分自身の知識のなさを再確認させられます。今はまだ教えてもらうことの方が多いですが、知識や技術を身に付けて先輩方のように頼られる存在になることが私の目標です。そのためにも、決められた仕事を確実にやり遂げるだけでなく、まだ経験していない多くのことにもチャレンジしていきたいですね。
会社のスローガンでもある「Think & Try」を実践し、自ら考えて積極的に「考働」していく姿勢を常に大切にしていきたいです。

本社開発室 プログラマ A.N

※所属部署、役職、業務内容は取材時点の内容となります。

Others

他の社員を見る
   

Entry

エントリー

多様な人材を求めています。

 

下記項目のうちどれか一つでも当てはまる方は歓迎します。
・モノづくりが好きな方
・気になることはすぐ調べる方
・人を喜ばせるサプライズ好きな方
・人の笑顔を喜ぶ方
・あいさつで人にほめられたことがある方