閉じる

発議書類管理の流れを知りたい(熊本県・受注者用)

【工事情報共有システム】「発議書類管理」では、熊本県様式の提出書類を作成します。Web上で書類の発議・回覧・決済を行うことが可能です。
※熊本県の様式でご利用いただく場合にご覧ください。

1.発議書類を作成する

2.発議書類の入力をする

3.確認欄(印鑑欄)を設定する

4.ワークフローを設定する

ワークフローパターンについて

システムに登録されているワークフローパターンは、以下の2種類です。

1.初期登録時等に弊社でご用意する代表的なフロー
利用申込書にご希望の承認順序を記載して頂いた場合は、ご指定頂いた承認順序でフローを設定しております。ご希望がない場合は、一般的な承認順序のフローをご用意しております。

2.前回発議(一時保存)した際に自動保存されたフロー
手動で設定したフローにつきましては、「一時保存」または「フロー開始」をした時点で自動でワークフローパターンに保存されます。

5.添付ファイルを設定する

6.ワークフローを開始する

7.発議する

通知メールが届いた場合
メールに記載のURLから、直接該当の書類を開くことができます。

8.決裁済みの書類に受領印を押す

9.発注者発議の書類を承認する

通知メールが届いた場合
メールに記載のURLから、直接該当の書類を開くことができます。

10.印刷をする

決裁が完了した書類の印刷は?
決裁が完了した書類は、自動で「共通書類管理」に保存されます。「共通書類管理」から印刷することで、余白の調節等の手間を省くことができます。
決裁が完了した書類の印刷は、「共通書類管理」からお試しください。

※本Q&Aは、掲載時点の最新バージョンで作成しております。現在の最新バージョンの操作方法と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

掲載日:2019年11月13日

アンケートにご協力ください。このQ&Aはお役に立ちましたか?

  • 役に立った
  • 役に立たなかった
ご協力ありがとうございました。

※アンケートへの個別の回答は行っておりません。あらかじめご了承ください。

送信

ご協力ありがとうございました。


Q&Aトップへ戻る

解決しない時は