閉じる

Excelデータを貼り付け後、図形要素に変換ができない(Windows10 Creators Update)【A納図】

Windows10 Creators Updateが適用されているパソコンの場合、貼り付けたExcelデータをベクタデータに変換する「図形要素変換機能」がご使用いただけません。
(2017年8月21日現在)


前のQAへ
次のQAへ



Windows10 Creators Updateが適用されているパソコンの場合は、Excelデータを画像として貼り付ける機能(下記の「図面にExcelを画像として貼り付ける方法」)をご利用ください。
なお、対応時期につきましては、現状未定です。対応時期等が明確になり次第、弊社ホームページ等でご連絡いたします。


  • パソコンにWindows10 Creators Updateが適用されているか確認する方法

    landeco_0209_1

    1.パソコンの[Windows]ボタンを右クリック⇒[システム]をクリックします。


    landeco_0209_2

    2.バージョン欄とOSビルド欄のバージョンを確認します。
    表記されている数字が以下のバージョン以上であれば、Windows10 Creators Updateが適用されています。
    ・バージョン欄:1703
    ・OSビルド欄:15063


  • 図面にExcelを画像として貼り付ける方法

    • 1. Excelにてコピーする

      ant003_1

      1-1.Excelを起動して作成した材料表や数量計算書等のデータを画面に表示します。
      1-2.貼り付ける範囲を選択し、右クリックして表示されるメニューから[コピー]をクリックします。
      ※コピー後、Excelは最小化もしくは終了しておきます。


    • 2. 図面を開く

      2-1.デキスパートを起動し、A納図を起動します。
      2-2.データを貼り付ける図面を開きます。


    • 3. データを画像として貼り付ける

      ant003_10

      3-1.メニューバーから[取り込み]⇒[画像]⇒[画像取り込み(クリップボード)]を選択します。


      ant003_11

      3-2.プロパティボックスの横サイズ欄の[スポイト]ボタンをクリックします。


      ant003_12

      3-3.貼り付けたい範囲の横方向の長さをクリックして、画像のサイズを指定します。


      ant003_13

      3-4.貼り付けたい位置をクリックして配置します。


    • 4. 確認する

      4-1.A納図にExcelデータが画像として貼り付けられたことを確認してください。
      画像を貼り付けた図面ファイルを「SFC形式」「P21形式」「SFZ形式」「P2Z形式」で外部ファイルとして保存する場合
      外部ファイルへの保存時に、Ver.2.0の出力形式で保存すると画像が欠落します。
      以下の手順でVer.3.0、もしくはVer3.1の出力形式で保存を行ってください。

      1.メニューバーの[ファイル]⇒[外部ファイルへ保存]をクリックします。
      2.「ファイルの種類」欄で、[SXF(SFC)][SXF(P21)][SXF(SFC Zip][SXF(P21 Zip)]を選択します。
      3.[変更設定]ボタンをクリックします。
      4.[書き出し]タブの[出力形式]を[SXF Ver3]または[SXF Ver3.1]を選択して、保存してください。




掲載日:2017年8月21日

デキスク

Q&Aトップへ戻る