閉じる

工事成績アップと
総合評価対策をしたい

工事成績評価点を上げるための書類作成。
作成に手間がかかるのに、提出までの時間は限られています。
「品質アップ」と「スピード」の両立が、勝ち残るためのキーワードです。

勝ち残る為の3のポイント

Point1経験や時間がなくても無駄なくポイントを押さえる

工事成績アップを目指すには現場の品質は当然のこと、書類の品質も求められます。しかし、現場が忙しく書類作成の時間がない、経験値により品質にバラつきがでる、といったジレンマがありますよね?

工事成績アップに繋げるには、現場を知り尽くしたソフトを利用することが重要なポイントです。例えば、現場経験者が考案した施工方法のひな形や、豊富なイラストが搭載されていること。さらに、各データを蓄積し、社内で共有できることなども重要な要素です。

他社に負けない対策をとるためにも、時間を効率的に使い、経験を共有できる支援ソフトの活用が必要です。

Point2ちょっとした工夫が評価UPの鍵に

創意工夫や技術提案を行うコツはちょっとした工夫。でも、難しそうだし、時間もないと思っていませんか?

専用ソフトで管理するデータを有効に活用することで、工夫に繋げることができます。例えば、出来形管理図を作業員の休憩所に貼り出し、規格値や社内規格値の意識付けをしたり、環境対策への取り組みを現場に提示するなど、費用をかけずにできる工夫も多くあります。

創意工夫のためだけに時間や費用を費やすのではなく、施工管理の効率化と合わせて創意工夫といった視点でカスタマイズ性の高いソフトを活用することも重要なポイントです。

Point3安全対策も見過ごせない重要な要素!

事故や災害は発生すれば減点対象。誰もが安全な現場を目指しています。しかし、安全管理に掛ける時間や労力は大変なものですよね?

時間がない中でもしっかりとした安全管理を実現するためには、必要なひな形が豊富に搭載されていることや、法令・基準、ヒヤリハットや災害事例等のマスターなども豊富に搭載されていることが重要です。
さらに、努力義務化されているリスクアセスメントにもスピーディに対応できることが、これからの安全管理には重要となっていきます。

時間を掛けずに、確実な安全管理が実現できるソフトを活用することも、工事成績アップには重要な要素といえます。

関連製品一覧へ