閉じる

配筋検査のマーカーレスに対応したい

従来使用していたマーカーを電子化することで、配筋検査の効率化を実現します。
国土交通省は、「工事写真のレイヤー化」等の活用を受け、デジタル写真管理情報基準を
令和2年3月に改訂しました。
これにより、工事写真のレイヤー化に対応することができ、マーカーレスを実現すること
ができます。

工事写真のレイヤー化で
「マーカーレス」を実現!

Point1工事写真のレイヤー化とは?

レイヤーとは、透明なシートに書いた画像のように、重ねて使うことのできる機能です。
工事写真をレイヤー化することで、撮影した「原本画像」上に、「注釈」「黒板」を重ねて表示することができます。これらのレイヤーは、1つのSVG形式ファイルとして保存可能です。
※SVGファイル形式は、2次元ベクターイメージ用の画像形式で、JIS規格化されたファイルフォーマットです。

Point2従来の配筋検査との違い

スマホで設定従来の工事写真撮影では、黒板に設計情報を記入することや、鉄筋種別ごとに物理的マーカーを設置することが必須でした。
しかし、工事写真のレイヤー化に対応することで、上記作業が不要となり、撮影写真に対して、電子小黒板・マーカー等の注釈を、スマホ上で設定できるようになります。

Point3マーカーレスのメリット

1.マーカーの設置・回収の手間を省く

撮影写真に対して、スマホ上で、マーカー等の注釈を記入できるため、現場で物理的マーカーを設置したり、回収したりする作業が不要です。

マーカー不要

2.マーカーの落下による異物混入リスクを低減

物理的マーカを使用する必要がないため、設置・回収時に発生しがちなマーカの落下を防止します。

マーカーの落下防止

SiteBox 配筋検査 製品ページへ