閉じる

2次元図面を
3次元図面に変換したい

平面図・縦断図・横断図の2次元CADデータから3次元データを作成するにはICTスキルと経験が必要です。
しかし、情報化施工が普及する中、ICTスキルや経験を培う間もなく3次元データを作成しなければならない状況です。
ソフトを使いながらICTスキルや経験を培うことができる3次元データ作成ソフトを選ぶことがポイントです。

3次元データ変換
3のポイント

Point1図面を読み込むだけで3次元データへ!

3次元設計データの作成には図面を読む力や経験が必要です。
しかし、情報化施工が普及する中、スキルや経験を培う時間もありませんよね?

2次元の図面(平面図・縦断図・横断図)から路線・縦断・横断に必要な要素を抽出し、自動・半自動的に3次元データへ変換するソフトを使用することで、スキルや経験を補うことができます。

Point2様々な補助機能で作業の効率化が実現!

3次元データを作成する際、2次元データのCAD編集は非常に苦労するところ。例えば縦断図の変化点に測点の記載がない場合に、通常のCADでは編集作業が必要になります。

豊富な補助機能を搭載しているソフトを使用すれば、補助線機能や追加距離の自動解析機能を利用してCAD編集が不要になります。
作業効率を高めるためにも、専用ソフトを利用することが重要なポイントです。

Point33次元データ作成に必要な要素もアシスト!

3次元データを作成する際、図面のどの要素が必要か?といった図面を読む力と経験が必要です。

専用ソフトなら、2次元図面の要素を自動抽出するだけではなく、図面のどの場所を入力すれば良いかをアシストしてくれます。
効率良く3次元データを作成するだけではなく、“育成”といった観点でも活用できるソフトを使用することが、会社の財産に繋がります。

関連製品一覧へ