閉じる

導入活用事例

品質の高いものづくりを目指して

社内でのソフト統一化や効率化のための「現場大将」「情報化施工(TS出来形)サポートツール」を導入。データのやりとりが迅速になったうえに、効率化が図れたほか安易な計算ミスも減りました。

情報化施工で高効率・高精度を実現
MOVIE

工事成績評定において情報化施工を取り入れれば加点となることから、「情報化施工(TS出来形)サポートツール」を導入。当初の目的はもとより、業務の効率化につながりました。

  1. 1