閉じる

導入活用事例

品質の高いものづくりを目指して

課題
ソフトを一元管理できていなかったため、データのやりとりに時間がかかっていた。測量計算が面倒な上、安易な計算ミスが目立っていた。
効果
デキスパートは稼働台数無制限のため社内でソフトを統一化でき、データのやりとりが迅速になった。机上で計算したものをデータコレクタに入れて現場に持っていけるため、面倒な計算をしなくてよくなったほか、プレビューを見ながら作業ができるので安易な計算ミスが減った。



業務の効率化と外注費の削減が実現

稼働台数無制限の「デキスパート」を導入したことで、ソフトを一元管理できるようになり社内で全員が同じソフトを使用できるようになったのでデータのやり取りが迅速になりました。同僚から書類の作成を依頼された場合に、素早く対応することができるので助かっています。
なかでも、測量ソフト「現場大将」の効果は非常に大きいですね。机上で計算したものをデータコレクターに入れて現場に持っていけるので、現場で面倒な計算をする事が一切なくなりました。それに、プレビューを確認しながら作業ができるので、机上での安易な計算ミスも減りましたよ。
横断図を作成するのも物凄く早くなりました。横断測量をする際にはトータルステーションやデータコレクター側から実測した横断SIMAデータを出力して「A納図 [A-NOTE]」に取り込んで作図したり、GPSで横断観測してきた場合は「現場大将」の機能である“横断丁張り”→”横断図作図”で描画したりと多種多様に活用しています。効率化もさることながら外注費もかなり抑えることができています。

ITを駆使してより品質の高いものづくりを

情報化施工の取り組みとして、「情報化施工(TS出来形)サポートツール」も活用しています。「現場大将」で設計断面を作成した際の設計値をトータルステーションに送ることで、現地で設計値を確認できるだけでなく実測した点と設計値との差異がわかるので効率的で便利です。また、出来形の実測データを取り込めば、「出来形管理システム」と連動して出来形帳票まで作成できるので、入力の手間も省けてミスも無いです。データの改ざんもできないので発注者に対しての信憑性も増すのではないでしょうか。
情報化施工については、今後各社も力を入れてくるでしょう。改良工事においてはGPSを用いた盛土の転圧管理を行うなど、新しい取り組みにチャレンジしています。そういったチャレンジのおかげか、釧路開発建設部の工事においては、優良工事の表彰を受けることができました。今後もITを駆使してより品質の高いものづくりを心がけていきたいですね!

kohari_01

ソフトも器械も日進月歩進化

「デキスパート」においてはまだまだ知らない便利な機能が沢山あると思います。わからない時にはコールセンターに電話しますが、なるべく自分で解決するように心掛けています。その方が操作やノウハウを覚えるし、忘れないんですよ。
ソフトも器械も日進月歩進化しているので、その進歩に自分もついていき、より素早く正確な測量業務に磨きをかけ現場作業の効率化に活かしていきたいです。

kohari_02

※掲載内容は、取材当時(2014年以前)のものです。

このページでご紹介したソフト

企業プロフィール

会社名 小針土建株式会社
所在地 北海道標津郡
会社規模 1~50名
URL http://www.kohari.co.jp/

担当者プロフィール

  • 土木本部 技術主任
    佐藤 弘康氏