閉じる

導入活用事例

操作が簡単で、現場の流れに沿っているから迷わない

課題
写真管理では、写真の整理やアルバムの編集に手間がかかっていた。また出来形管理では、Excelで出来形管理表を作成していたため、同じデータを複数の書類に入力する必要があり、作業効率が悪かった。
効果
色々なパターンで写真の分類フォルダーを作成できたり、一度のデータ入力で様々な出来形帳票が作成できたりと、無駄な動きがないので作業がスムーズに進められるようになった。

fukasawa_01

色々なパターンで写真を分類

「写管屋」は色々なパターンで分類フォルダーが作成できるのがいいですね。撮影箇所ごとにフォルダーを作成できたり、積算データからも取り込めるからとても効率的です。また、作ったフォルダーに写真を整理していくと、取り込んだ写真に工種や種別、撮影日などの情報が付随してくれます。写真を整理しながら出来形管理値の入力もできるし、とにかく作業がスムーズですよね。
アルバム編集時には、画面上に数ページ分のサムネイルが表示されているので今何枚目を編集しているのかがすぐにわかったり、前後のページをどうやって編集したかなどがすぐに確認できるのでとても便利です。

一度の入力で様々な出来形帳票が完成

当初はExcel で出来形管理表を作成していました。そのときは、同じデータを利用して出来形管理表やバラツキの書類をそれぞれ作成する必要がありました。しかし、「出来形管理システム」を使えば数値の入力もスムーズで、しかも、一度の入力で色々な様式の帳票を作成できます。短時間で正確に作成できるようになりましたね。地域に応じて必要なテンプレートが網羅されているし、さらにそのテンプレートをベースに帳票をカスタマイズできるのもいいですね。
簡易的なCAD もついているから、使いたいときにピンポイントで起動して簡単に略図を作成できます。作成した略図は出来形帳票やアルバムに利用できる。リアルタイムに使えるからこそ、よりわかりやすい資料が作れるんだと思います。

fukasawa_02

fukasawa_03

無駄な動きがないからスムーズ

下請けがメインなので元請けさんに作成したデータを渡すことが多いのですが、Excel との互換性のおかげでデータのやり取りがスムーズにできます。紙で渡す必要がないですからね。密な現場管理が実現し、さらに効率化にもつながっています。
とにかく操作が簡単で、しかも現場の流れに沿ってるから迷わない。無駄な動きがないので、出来形管理も写真管理も作業がスムーズです。一度入力したら、その数値が必要な箇所にすべて反映される、これが理想ですよね。今後もデキスパートに期待しています!

※掲載内容は、取材当時(2014年以前)のものです。

このページでご紹介したソフト

企業プロフィール

会社名 株式会社深沢工務所
所在地 山梨県南巨摩郡
会社規模 51~100名
URL http://norimen.info/

担当者プロフィール

  • 開発技術部 部長
    望月氏